イメージ通りの住宅にしたい

大事な柱がどこにあるのか

壊してはいけない部分がある

ここをリフォームしたいと、希望が決まっている人がいるでしょう。
ですが住宅の仕組みによっては、叶わない可能性があると忘れないでください。
住宅には、必ず支えている柱が存在します。
セルフリフォームでは、その柱を壊すことができません。
もしリフォームしたいと思っているところに柱があったら、残念ですが諦めてください。
住宅によっては柱ではなく、壁が支えになっていることもあります。

もし柱やかべを壊すと、崩壊する危険性が高いです。
すぐに崩壊しなくても、徐々に壊れたり、災害が起こったりした時に壊れます。
いつ壊れるかわからない住宅で暮らし続けるのは、不安だと思います。
柱や壁を壊さないように、慎重にリフォームを進めてください。

設計図を確認してみよう

自分の目で確認するだけでは、どれが最も重要な柱なのかわかりません。
設計図を見た方が良いです。
住宅の設計図があれば、すぐに壊してはいけない部分が判明すると思います。
そのため、設計図をわかりやすい位置で保管することが重要です。
住宅を購入した時に、もしかしたらセルフリフォームをするかもしれないと考えて、すぐ取り出せる場所で保管しておきましょう。

リフォームできる範囲がわかったら、デザインを考えてください。
先にデザインを考えてしまうと、そこに重要な柱があることが判明した時にデザインを変えなければいけないので手間が増えます。
セルフリフォームをする時の、正しい順番も知りましょう。
最初は、住宅の仕組みを理解してください。


▲ TOPへ戻る