セルフで思い通りのリフォームを行う方法

イメージ通りの住宅にしたい

計画書を具体的に書こう

セルフでリフォームする際は、事前にどんな住宅にしたいのかよく考えてください。
計画を考えないでリフォームを進めると、失敗してしまいます。
リフォームの途中で間違えたと気づいても、修正できません。
計画書を、念入りに書くと良いですね。
具体的なイメージが決まっていない人は、セルフリフォームした人を参考にしましょう。
カタログを見たり、ネットで調べることができます。
情報収集をすれば、準備が順調に進みます。

必要な道具も調べてください。
道具がないと、作業が進みません。
道具がないことに気づくと、途中で買いに行かなければいけないので面倒な手間が増えます。
リフォームの工程を詳しく調べて、どのタイミングでどんな道具が必要になるのか知ってください。
ホームセンターに行けば、ほとんどの道具を買えます。
また、初心者でも扱いやすい道具を買ってください。
上級者向けの道具を買っても、扱えない可能性が高いです。

住宅の仕組みを知ることも重要です。
リフォームをする前に、住宅を支えている柱や、壊せない壁の存在を知っておきましょう。
住宅を支えている柱を壊すと、崩壊する危険性があります。
住宅の仕組みを知ることで、どの範囲をリフォームできるのかわかります。
そのため、計画を考える前に住宅の仕組みを知ってください。
住宅の図面などを見ると、わかりやすいです。
初心者は、難しいデザインにしない方が良いでしょう。
自分ができそうなデザインを、考えてください。

▲ TOPへ戻る